マンション大規模改修

マンションの大規模改修をお考えの方 窓まわりのリフォームをお忘れではないですか?

マンション大規模改修を計画される際、外壁塗装や断熱に比べついつい見落としがちになるのが、窓まわりのリフォーム。割れないかぎり交換しなくて良いと考えてはいませんか? お住いの窓ガラスを交換するをご検討のあなた様にご朗報です☆ 平成28年度は、経済産業省補助金「省エネリノベーション促進事業」として補助対象工事費用の約三分の一に補助金を活用できます。予算に限りがございますのでお早い目のご検討をおススメいたします。https://sii.or.jp/renovation27r/ ご相談・概算お見積もりは無料で対応させていただきます。お気軽にご相談くださいませ~ 0120-813-316 また、面倒な補助金申請に係る資料の作成は弊社にて対応させていただきますのでご安心くださいませ。

結露を抑制する事で、拭き取る手間も、カビもさようなら。建物の寿命をより長く。
カビや腐食の原因となる結露は、建物の大敵! 結露とうまく付き合って行く事が、長く快適に住まうポイントになります。 集合住宅では、住人の生活スタイルは十人十色。結露への対策意識も様々です。各個人が気をつけていても、全員が対策をしていなければ、建物の価値は維持できません。 ガラスステーションでは、様々なケースに最適な商品・最適な工法をご提案致します。
空調効率をUPし、省エネ・エコに。
建物の熱のほとんどが、実は窓から出入りしているのをご存知ですか? 外気の熱を窓でカットすることで空調効率を上げ、家計に優しくエコにも貢献できます。

窓ガラスやサッシの交換で、こんなに変わります!

防犯ガラスで、ドライバーによる「こじ破り」やバール等による「打ち破り」に負けない住まいに。
大切な家族・住まいを犯罪から守る防犯ガラス。 時間をかけさせ、泥棒に、この家はやめておこうとあきらめさせる窓ガラスがあります。 集合住宅では、隣接する数件が同時に泥棒の被害に合う事も少なくありません。全戸が対策することで、泥棒に「入りにくいマンション」と思わせ、“泥棒から敬遠されるマンション”にしませんか?
騒音をシャットアウトし、より静かで心地よい空間に。
外からの騒音を防ぐだけでなく、楽器演奏やお子様の声なども防ぎ、周囲に気を配る事なく暮らせる環境はいかがですか? 音によるストレスを低減し、住民トラブルのない集合住宅を目指せます。
窓ガラスやサッシの交換で、快適に、長く暮らせる住まいにリフォームしませんか?
お見積もり無料:0120-813-316

マンション大規模改修をお考えのあなたに! ガラスステーションのイチオシ商品

  • 真空ガラス

    真空ガラスは、2枚のガラスの間に真空の層を設けたガラスのことです。 熱の伝わり方には、伝導・対流・放射の3つがありますが、真空ガラスは、真空の層で熱の伝導と対流を防ぎます。魔法瓶のような構造で外側と内側の熱を遮断し、結露をつきにくくします。 真空ガラス

    真空ガラス商品

    • 真空ガラス スペーシア
    • クリア Fit(薄型耐熱ガラス)
  • 複層ガラス

    複層ガラスは、2枚のガラスを合わせたガラスのことです。外側のガラスが冷えても、内側のガラスが冷えにくい構造で、結露を防ぎます。 2枚のガラスの間にはスペーサーと呼ばれる乾燥した空気の層があり、外側のガラスと内側のガラスの間に内部結露が起こらない構造になっています。 複層ガラス

    複層ガラス商品

    • ペヤプラス
    • ペアスマート
  • カバー工法

    カバー工法は、今ある窓を2重にする工法のことです。 既存のサッシの上から新しいサッシ枠を設けて窓を2重にする方法と、既存の窓に断熱効果のあるLow-Eガラスをそのまま貼付ける方法があります。 カバー工法

    カバー工法商品

    • インナーウインドmado まどまど
    • ATTOCH(アトッチ)
窓のリフォームについて、さらに詳しく知りたい方はこちら
  • 結露の対策
  • 断熱・遮熱・省エネ・エコガラス
  • 防犯対策
  • 音の対策

マンション大規模改修とは?

マンションは、時間の経過とともに老朽化が進みます。そこで、必要に応じて適切なメンテナンスをすることが大切です。このメンテナンスが適切に行われていないと、所有物件の資産価値がうんと下がってしまい、最悪の場合、住み続けることができなくなってしまいます。 あなたのマンションの長期改修計画は、実態に見合っていますか?マンションは、山間部や沿岸部など、立地条件によって傷み具合が異なるほか、例えばひとつの建物だけを見ても、日差しを受ける方角とそうでない方角では耐用年数がかなり違ってきます。マンションの管理組合で事前に策定されている長期改修計画が、実態に見合っていないというケースは、決して少なくありません。 そうした場合には、実態を改めて調査し、どこをどう改修すべきか、大規模改修計画を練り直す必要があります。 塗装、防水、断熱をはじめ、窓まわりのリフォームも検討対象となります。 このように、自分たちの所有物件に本当に必要な工事の内容を把握し、定期的に改修を考えることが、マンションの価値を維持する上で不可欠です。せっかく購入した大切なマイホーム、長く快適に住み続けるために、適切な改修計画を立てましょう。
お見積もり無料:0120-813-316
ガラスステーションのページトップへ