内窓で暑さ・寒さ対策

内窓のメリット・デメリット

  • メリット
    メリット
    • 他の対策よりも費用が安く工事が簡単です
    • 防音効果が高い
    • マンションの場合、許可が要らない
  • デメリット
    デメリット
    • 省エネ効果は真空ガラスや複層ガラスに比べると弱い
    •  
    •  

内窓がエコになる理由

二重窓(内窓)にすると、今ある窓と内窓との間に空気の層ができることで、断熱性能がアップします。 また、同時に遮熱効果も高めることができるので、外から入り込む熱を遮断します。

断熱効果で日々の冷暖房費を少なく抑えることが出来る上に結露しにくくなり、紫外線を99.9%カット、更に防音効果まで期待出来ます。

断熱性能約3倍にアップ

今ある窓と内窓の間の空気層が従来のサッシとの比較で約3倍にアップ(旭ガラス「まどまど」の資料による)します。さらに優れた遮熱性能で、夏の西日対策にも効果的で冷暖房の効率がアップします。冬暖かく、夏も快適。

窓やガラスについての疑問や質問については、コンシェルジュサービスをご利用下さい。0120-813-316

エコ関連の最新情報

ガラスステーションより 夏の西日対策
こんにちは(^^) 今日は新人事務員の自宅窓についてなのですが、 キッチンに少し大きめの窓があって、...
ガラスステーションより~4月スタート!2018年度開始です!!
こんにちは(*^^*) 4月入りましたね♪いよいよ2018年度のスタートです!   &nb...
ガラスステーションより☆紫外線対策について☆
おはようございます(^^)/ 3月もいよいよラスト一日、2017年度も終わりです。 ガラスステーショ...

エコ関連の記事一覧

ガラスステーションのページトップへ