ホーム > お悩み別対策一覧 > 遮熱・断熱・省エネ > 真空・複層ガラスで暑さ・寒さ対策

真空・複層ガラスで暑さ・寒さ対策

真空・複層ガラスのメリット・デメリット

  • メリット
    メリット
    • 内窓よりも断熱、遮熱効果が高い
    •  
    •  
  • デメリット
    デメリット
    • 内窓よりも費用が高い
    • 防音効果は内窓よりも低い
    • マンションの場合許可が必要の場合もある

真空ガラスがエコな理由

日本板硝子が開発した、2枚のガラスの間に0.2mmの真空層がある複層ガラスの事を真空ガラスといいます。
真空層に加え特殊金属皮膜により、高い断熱や遮熱効果があり、防音効果もあります。

冷暖房費を約40%カット。

省エネのポイントは窓から出入りする熱を抑えること。真空ガラスは優れた性能によって省エネに貢献します。

省エネ性能比較(年間暖冷房負荷金額)

省エネ性能比較(年間暖冷房負荷金額)※電力単価: 1kWhあたり27円(税込)
公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会による
新電力料金目安単価(平成26年4月28日)
※灯油単価: 1リットルあたり81.6円(税込)
経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油流通課(市場班)による
石油製品価格調査資料(平成27年8月31日時点)
※上記はメーカーサイトの記述から引用致しました「http://shinku-glass.jp/

複層ガラスがエコな理由

2枚のガラスの間に中空層をもたせたガラスの事を複層ガラスと言います。
その複層ガラスの室外側に特殊金属膜(Low-E金属膜)をコーティングして、断熱や遮熱効果を高めています。

年間冷暖房費を22%削減

冬場の室内の暖まった空気を冷やさない断熱、夏場の日射熱を大幅にカットする遮熱といった効果が高くある試算では、年間の冷暖房費を22%削減という試算が出ています。

年間冷暖房費を22%削減※住宅モデル延べ床面積:125.86㎡/開口部面積:31.5㎡/学会標準問題モデル/開口率25%/空調条件:間欠空調
※電気料金:約21円/kWh(東京) ※AGC旭硝子試算
※上記はメーカーサイトの記述から引用致しました「https://www.asahiglassplaza.net/products/reglass/pairplus/

窓やガラスについての疑問や質問については、コンシェルジュサービスをご利用下さい。0120-813-316

エコ(断熱・遮熱・省エネ)対策の真空・複層ガラスの紹介

真空ガラス

真空ガラスは、2枚のガラスの間に真空の層を設けたガラスのことです。 魔法瓶のような構造で外側と内側の熱を遮断します。

エコ関連の最新情報

マンションにお住まいの方♪管理組合の方♪新しい国の補助金の募集が始まりました!
こんにちは♪ガラスステーションです(^^♪ マンションにお住まいの方!マンション管理組合の方!...
東京都にお住まいの方!さらにお得に窓を断熱仕様にリフォームできるチャンスです!!
こんにちは♪ガラスステーションです(^^♪ 今朝出勤時、入学式のお子さん親御さんたちが歩いていらっし...
ガラスステーションより★おススメガラス★【マンション改修用薄型Low-E複層ガラス ペアスマート】
  少しずつ暖かくなってきていますが、この季節は花粉が・・((+_+)) 花粉症の方はしっ...

エコ関連の記事一覧

ガラスステーションのページトップへ