ホーム > お悩み別対策一覧 > 防音対策 > 真空・合わせガラスで防音対策

真空・合わせガラスで防音対策

真空・合わせガラスのメリット・デメリット

  • メリット
    メリット
    • 内窓よりもエコ、防露効果は高いです。(真空ガラス)
    •  
    •  
  • デメリット
    デメリット
    • 内窓よりも費用は高くなります。(真空ガラス)
    • 内窓よりも防音効果は低いです。
    • マンションの場合工事許可が要ります。

真空・合わせガラスが防音にオススメな理由

防音以外の効果も合わせて総合的に判断して下さい。

真空ガラスは防音性能以外にも高い断熱・遮熱性能や結露を防ぐ防露性能が見込まれます。
合わせガラスは真空ガラスに比べ費用がかなり安く、ガラスとガラスの間に防音特殊中間膜というものがあり、万一割れても、ガラスの飛散や落下がほとんどないので思わぬケガをする心配がなく安心です。

窓やガラスについての疑問や質問については、コンシェルジュサービスをご利用下さい。0120-813-316

真空・合わせガラスのご紹介

真空ガラス

真空ガラスは、2枚のガラスの間に真空の層を設けたガラスのことです。 真空層が音を伝えにくくします。

合わせガラス

2枚のガラスの間に遮音性能を高めた特殊中間膜をはさんだ合わせガラスです。

防音関連の最新情報

今がチャンス!補助金を使ってお得に♪窓のエコリフォームしませんか?!
こんにちは♪ガラスステーションです(^^♪ 3月に入るとまさに三寒四温。本格的な春までもう少しですね...
ガラスステーションより★おススメガラス★【薄型断熱ガラス クリアFit】
今日で2月も終わり。。 今月は28日までなので、月日の過ぎる感覚がまた一段と早いですね(@_@) さ...
ガラスステーションより★新商品のご案内★AGC【まどまど plus(プラス)】
こんにちは!ガラスステーションです(^^ゞ 先週は東京で初雪。.・**・.。**.。 大阪も段々寒く...

防音関連の記事一覧

ガラスステーションのページトップへ