ホーム > お悩み別対策一覧 > 防音対策 > 真空・合わせガラスで防音対策

真空・合わせガラスで防音対策

真空・合わせガラスのメリット・デメリット

  • メリット
    メリット
    • 内窓よりもエコ、防露効果は高いです。(真空ガラス)
    •  
    •  
  • デメリット
    デメリット
    • 内窓よりも費用は高くなります。(真空ガラス)
    • 内窓よりも防音効果は低いです。
    • マンションの場合工事許可が要ります。

真空・合わせガラスが防音にオススメな理由

防音以外の効果も合わせて総合的に判断して下さい。

真空ガラスは防音性能以外にも高い断熱・遮熱性能や結露を防ぐ防露性能が見込まれます。
合わせガラスは真空ガラスに比べ費用がかなり安く、ガラスとガラスの間に防音特殊中間膜というものがあり、万一割れても、ガラスの飛散や落下がほとんどないので思わぬケガをする心配がなく安心です。

窓やガラスについての疑問や質問については、コンシェルジュサービスをご利用下さい。0120-813-316

真空・合わせガラスのご紹介

真空ガラス

真空ガラスは、2枚のガラスの間に真空の層を設けたガラスのことです。 真空層が音を伝えにくくします。

合わせガラス

2枚のガラスの間に遮音性能を高めた特殊中間膜をはさんだ合わせガラスです。

防音関連の最新情報

★現場施工★【大阪市内某マンション様邸:ガラス工事】
今日も厳しい暑さです(+_+) 熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい!   さて、今回は大...
ガラスステーションより  プール指導が中止
こんにちは(^^)  今朝、夏休みのプール指導を受けるため子供たちは学校へと出発しました。...
ガラスステーションより~猛暑対策~【真空ガラス スペーシアクール】
今日は、岐阜県で遂に40度を観測したみたいです。 大阪北部地震や西日本で豪雨被害に遭われた方々におか...

防音関連の記事一覧

ガラスステーションのページトップへ